2007年09月04日

アドセンスの広告停止処分ついて

グーグルの検索結果から何かしらのフィルタ?をかせられ検索結果に現れないことをグーグル八分と比喩された言い方で表します。
今回はアドセンスで八分にされる『AdSense八分』を紹介します。
アドセンスのアカウント停止に至るまでは、2回ほどの警告を受けた後、
3回目に『サイトのドメインに対して』広告配信の停止が行われているようです。

いるようですではなくて、そうでしたといったほうが正解かも(泣)

詳しい話はさておき、以下のサイト様でアカウント停止(広告配信の停止)に至る経緯を
詳しく解説されていますので一読のかちがあります。

今流行の『API』を使用したマッシュアップ系のサイトで
複数の人が関わっている場合、おなじドメインでアドセンスのアカウントを使用していると、すべてのアカウントが広告の停止をうけるという
報告です。

APIの利用は大変便利でスパムサイトの温床になりつつあるらしく
グーグルやヤフー側も対策を立て始めている様子が伺える。
やはり、サイトの運営は血と汗と涙が基本かもしれません。

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-273.html
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/google_adsense_e170.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。